新生バレンシアガ コピー、デムナ・ヴァザリアによるアクセサリーライン「バザール」

BALENCIAGAのアーティスティック・ディレクターに就任したDemna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)による初アクセサリーライン「バザール」が、3月にパリで開催されたバレンシアガ コピー2016年秋冬コレクションにて発表され話題となった。

ランウェイショーの最後を飾った大きな「バザール」のバレンシアガ バッグ コピーは、記憶に残っている人も多いだろう。鮮やかなストライプが目をひく「バザール」のバッグが、バレンシアガの新たな幕開けの精神を力強く表現している。ヴァザリアの考えるファッションへのアプローチを詰め込んだ「バザール」ラインは、機能的な形や美しいモチーフを参照しつつ、オートクチュールの知識を掛け合わせて作られた。

バレンシアガ 偽物のシグネチャーであるアリーナレザー、テクスチャード加工されたカルングやパイソン――、それぞれがストライプとなり彩られた「バザール」。そのデザインを見ればひと目でバレンシアガの根幹がわかる、ブランドを象徴するバッグといえる。

7月20日(水)より発売するバレンシアガ コピー「バザール」は、バッグは全3サイズ展開で、「ブルー×ブラック×ホワイト」の直営店限定カラーも登場。アイテムもランウェイトートバッグからウォレット、ポーチまで、さまざまなアクセサリーが揃う。

FROM:http://openers.jp/article/1498436

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です