フェンディ、アイコンバッグ「ピーカブー」10周年記念展がギンザ シックスで開催

フェンディ(FENDI)は、アイコンバッグ「ピーカブー(PEEKABOO)」の誕生10周年を記念し、ギンザ シックス6階の銀座 蔦屋書店内GINZA ATRIUMにて、「フェンディ ピーカブー ~世代を超えて受け継がれるアイコン~」展を開催する。期間は、2018年9月11日(火)から24日(月・祝)まで。

フェンディのアイコンバッグ「ピーカブー」の魅力

2009年春夏コレクションでデビューした「ピーカブー」は、研究を重ねて作り出した素材を、職人技とウィットを駆使した独特な方法で組み合わせた、ブランドの伝統が詰まったバッグだ。

外側はシンプルなフォルムでありながら、内側はコンパートメントで分けられており、さらにはそのコンパートメントが時にデザインのアクセントとなりうる。ラグジュリーな素材をベースとした、少し遊び心と精緻なディテールが、フェンディらしさを象徴している。

世界各国の著名人がデザインした「ピーカブー」を展示

会場内で展示するのは、世界各国の著名人らとのコラボレーションによって誕生した「ピーカブー」の数々。これは、「ジャパン ピーカブー プロジェクト」と題されたチャリティー企画で、日本からは、森星、安藤桃子、ゆう姫(Young Juvenile Youth)が参加している。

3人の作品はもちろん、そのほかロンドンからはアデルとカーラ・デルヴィーニュ、韓国からはコ・ソヨンなどの作品を、会場で目にすることができる。

メイド・トゥ・オーダーエリアも設置

会場には、「ピーカブー」をバーチャルに制作し、カラーコンビネーションやパターンで遊ぶ体験ができるメイド・トゥ・オーダーエリアが設置される。期間中は、折り紙アーティストのフチモト ムネジを迎えてペーパークラフトのワークショップも同時開催。ここでは、ペーパークラフトを用いた「マイクロ ピーカブー」の制作体験が可能だ。

銀座店限定「セレリア ピーカブー」発売

同展の開催を記念して、銀座店限定バッグ「セレリア ピーカブー」を発売。しっとりとした肌ざわりと柔らかさを持つカーフレザーを採用した限定バッグは、レギュラーサイズとミニサイズの2型で提案する。

レギュラーサイズには、グレーベージュのボディにサンフラワーイエローのライニングとハンドル、ショルダーストラップのカラー配置。一方、ミニサイズには、サンフラワーイエローのボディにグレーベージュのライニングとショルダーストラップ、パイソンのハンドルを採用した。また、内側のシルバープレートにはシリアルナンバーを刻印している。

from https://www.fashion-press.net/news/42438

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です